屋外イベントにケータリングカーレンタルはいかが

ケータリングカーの出店場所を考える時に最も大事となるポイントは、ご自身がとり扱う商品を食べたいと考える顧客はいったい誰であるかをシッカリと考える事です。
たとえば、おでんとか焼き鳥を扱われる時には、仕事帰りのサラリーマンが一杯飲みたいとおもい、足を運ぶ事が想像出来ます。
そうするとオフィス街の駅に近い場所などをケータリングカーの出店場所として抑える事ができたら仕事帰りのサラリーマンを集客することを見込む事ができます。

 

さらに、焼き鳥とかおでんは夕御飯のおかずや晩酌のつまみになりますのでスーパーに出店をするというのも1つの手法です。
それほど、商売においてはどこを販売場所にするかという事が大事という事デス。
移動販売の時には出店場所という事となりますが、移動販売の出店場所を考える時にはどんな点に留意をすれば効率的集客が望めるんでしょうか。

 

商売では場所がすべてであるなどといわれることがあります。
この際は時間帯はお昼下がりから夕方までが集客のピークになると考えられます。

 

一方で、ソフトクリームやクレープなどの場合、家族連れ、若いカップル、子供などを集客する事が考えられます。
これら家族連れなどが訪れる行楽地、繁華街、公園などの近辺で販売をする事が効率的集客に結びつくと考える事が出来ます。
なお、行楽地内部で販売したいという場合には、行楽地の管理者の了承や場所代を支払う事になるのがスタンダードデス。